当サイトはモビットで即日キャッシングする方法を紹介した専門サイトです!

女性

【※注目】即日キャッシングしたい方!
※とにかく今すぐ即日キャッシングしたいならここが最速!

モビットは「WEB完結申込」で即日キャッシング可能!
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
今すぐ借りるための最低条件

即日キャッシングするにはあらかじめ知っていた方がいいポイントや条件があります。そのため申込むタイミングを意識してキャッシング会社を選びましょう。

申込資格を確認!
申込み方法を確認!
予定される審査時間を確認!
借入方法の確認!

 

 モビット

即日・最短!!10秒で簡易審査結果表示

【借入スピード感】

審査時間 10秒簡易審査
融資時間 即日融資
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ランキング女性

平日14:50までの振込手続完了で当日振込可能!
Web完結申込で「電話連絡・郵送物・カード発行」全てなし!
土日祝日も即日融資可能!(web申込み+ローン申込機が最速!)

モビットで即日キャッシングする方法

モビットは、申込みから審査完了まで最短30分、即日融資も可能なキャッシングとして、多くの方に利用されています。

また審査では、仮の審査結果が10秒で出る「10秒簡易審査」を取り入れ、ローン契約をすることで会員専用サービスの 「Myモビ」が利用可能、平日9:00~14:50までに借入れの手続きを済ますことで、即日融資が可能です。

当サイトでは、大手消費者金融の中では圧倒的に審査スピードが早く、申込み方法によっては家族バレや勤務先への職場バレさえも防ぐことのできる、モビットの魅力をご紹介したいと思います。

モビットでお金を借入れるための最低条件とは?

どこの金融会社もそうですが、モビットにもお金を借入れるためには幾つかの条件があります。その条件については次の表のとおりです。

 

条 件 安定した収入のある方
※アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
融資額 最大800万円
申込資格 20歳以上69歳以下(未成年不可)
使いみち 自由
総量規制 対象(年収の1/3が上限)
金利 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
収入証明書 原則50万円まで収入証明不要
融資までの時間 最短即日可能
審査時間 10秒簡易審査」あり
無利息サービス なし
担保・保証人 不要
貸付の方法 ATMでの引き出し・指定口座への振込
返済の方法 ATMの利用・振込・口座振替
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済回数・返済期間 (最長)8年10ヶ月(最大106回)
支払期日設定日 毎月一定日
返済期日 毎月5日・15日・25日・末日より選択

モビット即日融資のポイント

お金を借りたいと考えたとき、モビットをはじめ、即日キャッシングできる消費者金融は数多く存在するため、利用者にとっては選択肢が豊富です。

更に賃金業法の法改正の繰り返しや、消費者金融それぞれの経営努力によって、法律で定められた範囲内の利率で貸付を行う金融会社が多数存在したことで、私たち、利用者の予備知識が乏しくても安心して借入れを行うことができるようになりました。

そんな中、キャッシングの審査申込みは誰でも簡単に行うことができますが、今日中にお金を借りたい方にとっての即日キャッシングするための方法は、「一体どのような書類を準備すればいいのか」「どんな手順で申込んだらいいのか」「土日の休日は即日キャッシングできるかどうか」、このように迷う方もいるでしょう。

基本的に借入れを行うための必要書類は、本人確認用の証明書、つまり運転免許証があれば先ずは問題ありません。必要書類を適切に準備することができれば、モビットのキャッシング審査に通りやすくなりますので慌てず確実に提出することが即日キャッシングするカギとなります。

モビットの申込み方法は2種類

モビットには「WEB完結」「カード申込」の2種類の申込み方法があります。

「WEB完結」は借入れするためには事前準備が必要です。そして「WEB完結」申込みは、振込専用の即日キャッシングです。平日の銀行営業時間内である14時50分までに契約完了までの手続きが終わっていれば、即日振り込んでもらえます。

「WEB完結」申込み方法について気になる方はこちらのリンクから辿ってください。「Web完結」申込みを可能にするための必要な条件など解説しています。

「カード申込」はWeb上で申込みを行った後、最寄りのローン契約機まで出向きモビットカードを受け取り、近くのATMでキャッシングする方法です。
ローン契約機は曜日かかわらず8時~21時まで営業しているため、平日の昼間に申込みできない場合や土日祝日に借入れしたい場合は、この「カード申込」での方法で申込むことによって、即日キャッシングが可能になります。

「カード申込」方法について気になる方はこちらのリンクから辿ってください。モビットで即日キャッシングするための「審査の流れ」について解説しています。

「Myモビ」登録で即日融資が可能!

モビットには、モビット会員サービス「Myモビ」を登録することで、即日融資が可能です。
この「Myモビ」は振込キャッシングに対応していますので、平日9時から14時50分までに振込を依頼すれば、自分のどこの銀行口座にも振り込んでもらえます。

また他には借入状況の確認、キャッシングの申込、各種設定変更などすべての管理が利用できます。

更に「Myモビ」はiPhoneやAndroidのスマホアプリにも対応しているため、パソコンを持っていなくても利用可能です。

今すぐ借りるための最低条件とは?

モビットで即日キャッシングするには、冒頭に記載したとおり、最低限の情報を事前に確認することで可能となります。確認事項はそれほど難しいことではないため、あなたの状況と当てはめながらポイントさえ抑えておけば、すぐに申込みしてもスムーズにキャッシングできるでしょう!

また、次のことをきちんと守って申込みすれば、審査に通過する確率が高くなるでしょう。

・毎月安定した収入がある
・返済遅延がなく、毎月きちんと返済している(キャッシュカードなど)
・申込みのときに嘘をつかず正直に記入する
毎月安定した収入があること

モビットで申込みする上での条件にも、「安定した収入のある方」と記載があるように、この条件はモビットだけでなく他の全ての金融会社、もちろん銀行においても最も要求される事項となっています。

「安定した収入」さえあれば、正社員でなくてもアルバイト、パートの方でも申込みできます。ただし、収入の全くない専業主婦での申込みはNGとなっているため、注意が必要です。
パート主婦、専業主婦の借入れついてもっと詳しく知りたい方はこちらのリンクから辿ってください。主婦がモビットの審査に通るための条件について詳しく解説しています。

また、借入れをする際には、総量規制についても意識しなければなりません。年収の3分の1を超える借入れはできないため、それ以下の融資での申込みを行いましょう。

総量規制とは・・・個人の借入総額が、年収の3分の1を超える貸付けはしてはならないという規制のことを言います。たとえば、年収が300万円の人であれば、3分の1である100万円までしか借りる事ができません。

ただし、銀行は銀行独自の「銀行法」があるため、総量規制の対象外となります。

返済遅延がなく、毎月きちんと返済している

モビットでは仮の審査結果が10秒で出る「10秒簡易審査」というのがありますが、プロミスやアコムの「3秒診断」や、アイフルの「1秒診断」のような簡易審査とは違って本審査さながらの、かなり正確な結果が出ます。

それは、モビットが単なる自社での審査だけをみているだけではなく、信用情報機関へ照会をかけています。そのため、借入までの工程も早く、早ければ1時間以内にお金を借りることができます。

しかしここで注意です!

信用情報機関へ照会をかけているということは、あなたの個人情報(氏名及び生年月日・住所等)や、過去に金融事故(過去の延滞や債務整理の記録)があったかどうかを全て見られています。更に、クレジットカードのキャッシング利用履歴や遅延を繰り返していないかどうかを調べます。

つまりあなた自身が、今後も返済できるかどうかの「返済能力」を判断するため、毎月きちんと返済していることが、融資をしてもらえる大前提となるのです。

申込みのときに嘘をつかず正直に記入する

申込みの申告時に、ついついしてしまうウソは次の4つです。

①勤務先を偽る
②年収を多く偽る
③勤務年数を長く偽る
④借入額を少なくして申告する
勤務先を偽る

退職しているのに関わらず以前勤めていた会社名で申請したり、違う会社名を書いたり、存在しない架空の会社名で申告する方がいらっしゃいますが、この行為は非常に危険です。

会社名が違っていたということは、その後の在籍確認の審査や書類提出でほど100%ウソだということがバレますので、絶対にしてはなりません。

年収を多く偽る

実はこの「年収」を記入する属性が虚偽での申告が一番多いのです。確かに、年収が低いともしかしたら審査に通らないと思っている方が多いのかもしれません。

しかし多くの金融会社では、年収はカードローンの審査において、それほど重要な審査基準の対象になっていません。確かに、毎月安定した収入があることが第一条件ではありますが、年収自体が「安定した収入」とイコールということではないのです。

多くの金融会社では、パートもアルバイトも学生でも申込みOKのところが多くあります。もしも「年収」を重点的に見ているとすれば、パートもアルバイトも学生も審査には通らないことになります。
そのことからも年収はウソをつく必要性は全くありません。

勤務年数を長く偽る

勤務年数は年収と同じく、ウソをついたからと言ってすぐにバレるものではありません。しかし、勤務年数が本当は1ヶ月なのに1年などと極端に長すぎるウソの申告をすると、在籍確認を行った時に確認されたり、バレたりするケースがあります。

審査をする時に信用情報機関に申込者の属性、いわゆる名前・住所などの基本的な情報から、勤務先名・年収・過去の勤務の勤続年数も全て保存されています。申告に突然、あまりにも勤続年数が長い記入があれば、すぐにウソだと分かりますのでくれぐれも注意しましょう。

審査をする上での、勤続年数の通過判断は金融会社によってまちまちですが、一般的には次のように言われています。

〇~半年未満
  ・審査落ちの可能性が高い
  ・勤続年数を半年まで延ばしてから再度申込みした方が無難

〇半年~1年未満
  ・半年が最低ライン
  ・審査条件としてはクリアしている金融会社が多い
  ・正直に申告すること

〇1年以上
  ・合格ライン
  ・自営業は、正社員より少し長めの年数が必要

【口コミ・評判】プロミスで借りた体験談

モビットで100万円借入れすることができました

これは主人の話ですが、モビットで借りたことをお話ししたいと思います。

会社員で25年以上仕事先を変わることなく勤めているため、結果的には100万円の融資は問題なく通ることができました。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていたのと、家から一歩も出ることなく借入れしたかったため、「Web完結」方法から申込みしました。

モビット ローンカード

申込書の入力内容は、先に「10秒簡易審査」で入力していたので、その追加事項についての記入でした。

<申込者の情報>
・移住年月日
・家族構成
・当社申込みへの配偶者の承認の有無
・扶養家族
・扶養家族のうちの子供の数
・家賃・住宅ローンの返済額
・有担保ローンの借入件数
・有担保ローンの借入金額
・最終学歴

<勤務先情報>
・出向/派遣
・勤務先住所
・給料日
・所属部署
・仕事内容
・業種
・勤務先の社員数
・勤務先本社所在地

「勤務先情報」まで入力したらあとは支払日を入れました。モビットの返済日は5日、15日、25日、末日の4つの中から自分が入金されるタイミングに合わせて自由に選ぶことが出来ます。うちの場合は給料日が24日だったため、返済日を末日としました。

モビットでは、モビットからの連絡についていいか悪いかの項目がいくつかありました。我が家の場合は、家族間で内緒にする必要はなかったため、「申込者の情報」の「当社申込みへの配偶者の承認の有無」は「承知している」にしていましたが、勤務先へ連絡は避けたかったため、「電話しないで欲しい」にしました。

ここまでの入力が終わり、IDを発行してもらい、次は書類を提出しました。
書類は「運転免許証」「社会保険証」「源泉徴収票」を提出。その2日後の午後に借入可能額100万円の審査が通りました。また、電話にて男性のオペレータより融資OKとの連絡をいただきました。

借入も返済もいつも三菱東京UFJ銀行で行っています。全く外へ出ることなく、家の中で申込みから借入までできたのが良かったです!

注意 本文中の「即日融資」とは、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。