モビットの年齢制限で気を付けることとは?

スタッフモビットにも年齢制限の条件が設けられています。そこで次のポイントを抑えておけば間違った申込みをせず、スムーズに借入れられるでしょう。

年齢制限は、20歳以上65歳以下
未成年者がキャッシングするときは親の同意が必要
結婚している未成年者は例外でキャッシング可能!

今すぐモビットで借入れする
モビットの年齢制限

 
 

モビットには年齢制限はある?

モビットで借入れするにももちろん条件はあり、何歳でもOKということはありません。モビットの年齢制限は、20歳以上65歳以下となっています。

そのため、いくら毎月収入があるからと言っても65歳以上の方は申込みすることはできません。また、20歳以下での未成年の方がいくら会社勤めをしていたとしても、65歳以上の方と同様に申込みは不可能です。

モビットの年齢制限の範囲内の方でも、もちろん安定した収入のない方はキャッシング申込みはできません。ただし、正社員でないと申込みできないという訳ではなく、安定した収入があればパートやアルバイトでも問題なくキャッシング申込みは可能です。

そもそも年齢制限を設ける理由とは?

どこの金融会社にももちろん、第一条件として年齢制限は記載されています。そこで各金融会社の年齢条件はいくつまでなのかを調べてみました。

金融会社名 年齢条件
モビット 20歳以上69歳以下(69までOK)
プロミス 20歳以上69歳以下(69までOK)
アコム 20歳以上69歳以下(69までOK)
アイフル 20歳以上69歳以下(69までOK)
住信SBI銀行 20歳以上60歳以下(60までOK)
三菱東京UFJ銀行 20歳以上65歳未満(64までOK)
みずほ銀行 20歳以上66歳未満(65までOK)
オリックス銀行 20歳以上69歳未満(68までOK)
三井住友銀行 20歳以上69歳以下(69までOK)
新生銀行(レイク) 20歳以上70歳以下(70までOK)

この表を見る限り、年齢上限は各金融会社によってまちまちですが、利用可能な年齢を見てみると全ての金融会社が「20歳以上から」としています。これは何を意味するのでしょうか。

実はこの「20歳」以下の未成年は、日本の法律(民法第5条)によって制限があるからなのです。

金融会社が「20歳以上」と定義する意味とは?

20歳以下、すなわち未成年は民法第5条第1項と第2項によって、制限がかけられており、未成年者が法律行為を行うには、法定代理人の同意がなければ何もできません。また法定代理人の同意がない単独の法律行為は、後で取り消すことができるのです。

■民法第5条(未成年者の法律行為)1項 より抜粋
1 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

■民法第5条(未成年者の法律行為)2項 より抜粋
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。(=契約取消権)

 
このように、もしも未成年者がキャッシングを行う際には、法定代理人である親権者、すなわち親などの同意が必要となります。しかし、もしも親の同意なしにキャッシングしたらどうでしょう?この場合は、民法5条に違反していることになります。

その場合、未成年者が勝手にキャッシングをしたとしても、親は後から何もなかったかのように白紙にすることができるのです。

未成年者の「契約取消権」が認められる条件とは?

先ほど、未成年が全て勝手に行った行為を何もなかったかのように白紙にすることができる、とお伝えしました。確かに未成年者には、「契約取消権」があります。しかし、100%無効にすることはできません。

無効にするには次のいくつかの条件をクリアにする必要があります。

・契約時、未成年だった
・契約本人が結婚の経験がない
・法定代理人(親)が同意していない

もし、親の同意が必要なことを知ってた上で、未成年の当事者が契約した場合、これには悪意があるとみられ、「契約取消権」は無効となってしまいます。

・未成年当事者がウソをついていた
・未成年当事者が親の同意について虚偽の報告をしていた

虚偽の報告をしていたということは、キャッシングを悪意を持って行ったとみなされ、無効となります。

モビットが未成年者に融資しない訳とは?

確かに未成年に融資すれば「親の同意書」を提出してもらわなくてはならなくなります。そうすることで、金融会社にとって問題となる点は次のとおりです。

1. 審査の手間になる → 時間がかかり過ぎる!
2. 未成年の申込者の人数が多ければ人手も必要になる → コストがかかり過ぎる!

モビットをはじめとした金融会社が、未成年に融資資格を与えない理由は、このように「時間とコスト」的なことが考えられます。また、仮に未成年者に契約させても、親の同意がなければ利息を得ることはできません。さらに、貸し付けたお金そのものも、回収不可能の可能性も発生するため、金融会社は未成年には融資しないのです。

結婚している未成年者は例外でキャッシング可能!

未成年者でも結婚している場合は、成年としてみなされます。これには、民法753条に記載されています。

20歳未満の者であっても、婚姻(結婚)をすることによって成年に達したものとみなされる。(婚姻による成年擬制と言う)

 
上記のような成年擬制によって、結婚していれば未成年を理由として「契約取消権」を無効にすることはできません。20歳未満であっても配偶者のある者は、成年者と同じように扱われるのです。

しかし、金融会社では条件に「成人している人」とは出していません。あくまでも「20歳以上」と、どこも条件として出しているため、例え結婚している20歳未満の未成年でも、借入できる可能性は極めて低いと考えたほうがいいでしょう。

モビットが年齢上限を設ける根拠とは?

未成年のキャッシングが不可能な理由には、民法の規制によるものでしたが、一方の年齢上限については何か根本的な理由があるのでしょうか。

実は、年齢上限には特にこれといった法律があるわけではありません。しかし上限を設けないと、色んな方の申込みが来ることでコストも手間もかかるからです。そしてやはり、年齢上限を設ける最大の理由には、毎月安定した収入が見込める方です。

いざキャッシング可能にしたものの、支払ってもらえなければ金融会社は倒産します。そのためにも金融会社は必ず返済能力を見極める必要があります。また、一般的な年金の受給開始年齢である65歳を境に、定年退職されて年金受給で生活される方も多くいらっしゃることを考えると、健康面での理由からも、返済能力がないとみなされるため、年齢上限を設ける理由となります。

モビット借入れ条件、年齢制限のマメ知識のまとめ

キャッシングできた女性モビットをはじめとする金融会社全て、未成年者での借入れは不可能です。その理由として、未成年がキャッシングする場合、法律によって制限がかけられているからです。

また、年齢条件を設ける大きな理由には、「支払い能力」が一番核の部分となっていることを考えなければなりません。

モビットで今すぐ申込む